島田陽子、離婚していた「すれ違いで意思通じず、でも感謝」昨年7月、23年間連れ添った夫と

 女優、島田陽子(66)が昨年7月、23年間連れ添った3歳下のテレビ制作会社勤務の夫と離婚していたことが31日、分かった。本紙の取材に「すれ違いで意思が通じなくなったから…。でも、感謝しています」と告白。1月29日に実母が91歳で死去したことも打ち明け、「これからは1人、仕事に打ち込みます」と前を向いた。

 母を失った悲しみの中、島田は胸に秘めた真実を淡々と打ち明けた。

 「実は昨年7月末に離婚しました。彼は何でも受け入れ支えてくれる人でしたが、私が海外の仕事で半年とか家を留守にすることもあった。すれ違いが続いて、お互いの意思が通じなくなり話し合った結果です」

 2人は1993年、TBS系ドラマ「丘の上の向日葵(ヒマワリ)」で、主演と照明スタッフとして親密な関係に。夫には当時、妻と2人の子供がいたが翌94年に離婚。島田の43歳の誕生日にあたる96年5月17日に夫婦となった。2人の間に子供はいなかった。

 「苦労を共に乗り越え、母とも一緒に住んでくれた。今でも感謝しています。でも、私の大好きだった犬(4歳オスのチワワ)を連れていっちゃった」と、それだけはうらめしそう。母は1月29日朝、腎機能低下のため91歳で死去、31日に葬儀を終えた。家族は妹が2人いるが、音信不通状態という。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ