沢尻エリカ被告、初公判で引退明言!女優復帰「考えていない」

 麻薬取締法違反の罪に問われた女優、沢尻エリカ被告(33)の初公判が31日、東京地裁(滝岡俊文裁判官)で開かれた。同被告は、女優復帰について「多くの人たちを傷つけた」とし、「考えていない」と引退を明言。若手演技派として注目を集めた19歳頃から薬物を使用していたことや、大麻に関しては軽度の依存症であることも判明した。検察側は懲役1年6月を求刑。判決は2月6日に言い渡される。

 黒のパンツスーツに、首元のボタンまでしめた白のブラウス。黒髪をポニーテールにし、鮮やかな深紅の口紅が際立つメークの沢尻被告は、落ち着いた表情で傍聴席を見渡して入廷した。

 昨年11月16日の逮捕以降、姿を見せなかった沢尻被告は、薬物治療中の東京都内にある病院から出廷。証言台で滝岡裁判官から職業を聞かれると、はっきりした口調で「無職です」と答えた。

 これまでの調べで「10年以上前から大麻や(合成麻薬の)MDMA、LSD、コカインを使用した」と供述。尿鑑定は陰性だったが、検察側は「19歳頃から使用し、常習性は顕著」と指摘した。当時は出世作「パッチギ!」(井筒和幸監督)で各新人賞を総なめにし、フジテレビ系「1リットルの涙」でドラマ初主演を果たすなど多忙を極めた時期だ。また、この日は沢尻被告が逮捕後、捜査員に「お守り袋の中にMDMAがある」と申し出ていたことも分かった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ