沢尻エリカ被告、堂々の証言台 薬物に「制される状態でした」

 MDMAなどを所持したとして麻薬取締法違反の罪に問われた女優、沢尻エリカ被告(33)の初公判が31日、東京地裁で行われた。午後3時に開廷。ポニーテールヘアに黒いパンツスーツ姿の沢尻被告は、裁判官の目をじっと見据え、背筋を伸ばすなど堂々とした振る舞いで証言台の前に立ち、はっきりとした口調で話し始めた。一方、女優業については引退を明言。沢尻被告の今後は…。

 《入廷した沢尻被告は傍聴席を一瞥(いちべつ)して席に着いた。じっと前を見据え、唇は真一文字に。長いまつ毛と深紅の口紅が目を引く。裁判官に呼ばれると、証言台の前へ》

 裁判官「名前は」

 沢尻被告「沢尻エリカと申します」

 裁判官「職業は」

 沢尻被告「無職です」

 《男性検察官が起訴状を朗読。沢尻被告は検察官の顔を見つめる》

 裁判官「公訴事実にどこか間違いは」

 沢尻被告「間違いありません」

 《男性検察官による冒頭陳述が始まる》

 検察官「被告は19歳の頃から、大麻などを使うようになった。平成30(2018)年頃から(合成麻薬の)LSDやMDMAを知人から入手し、保管していた…」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ