東出昌大「不倫」が風当たり強いワケ 家庭を守る妻・杏への“裏切り”に不快感

 唐田えりか(22)との不倫で妻の杏(33)と別居中の東出昌大(31)へのバッシングが止まらない。

 「CM4社とも契約解除となるようですね。損害賠償を請求する企業も出てくるなど、厳しい状況が今後も続くと見られます」(スポーツ紙記者)

 それにしても、“ゲス不倫”はいままでにも数々スクープされてきたが、その中でも今回、やけに風当たりが強い理由について前出のスポーツ紙記者が解説する。

 「東出さんというと、爽やかなイクメンで家庭的なイメージで売っていただけに、そのギャップが大きすぎました。また、妻の杏さんが、仕事をセーブして育児に専念しており、家庭を守っている杏さんを裏切ったことに対しての不快感が強かった。さらに、父・渡辺謙さんの離婚などで過去に傷ついたことなどが思い起こされ、彼女を心配する声が大半です。騒動を収められるのは唯一、杏さんの対応ということになりますが、本人はいまはショックが大きく、コメントできる状況にないようです」(前出・スポーツ紙記者)

 自業自得とはいえ、前途はいばらの道。(zakzak編集部)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ