東出昌大出演の落語番組、ドラマ現場以上にきわどい“禁ネタ”も

 【芸能ニュース舞台裏】「4年前に報じられたベッキーの不倫騒動とダブりますね。それまでのイメージがよかったがために、世間が一斉に不快のバッシングをするというか…」(芸能リポーター)

 俳優の東出昌大(31)がしでかした女優の唐田えりか(22)との不倫泥沼騒動。

 「CM降板で違約金が6億円になるとか、ドラマの撮影現場では不倫や別居など“禁句ワード”があるという報道もあります。東出は夫婦でよく都内の寄席に来ていたほどの落語好きで、ひいきの落語家を自宅に招待していました。家ではどっしり構えて亭主関白っぽくて、杏は黙々と料理を出していたそうです」(スポーツ紙演劇記者)

 Eテレでは東出が出演する落語をテーマにしたトークバラエティー「落語ディーパー!~東出・一之輔の噺のはなし」が不定期に放送されている。次回は3月9日と16日に決まっている。

 「関係者によれば、ドラマの部分はすでに収録済み。お蔵入りの理由もないですが、落語には『悋気(りんき)の火の玉』や『権助提灯』など不倫や本妻のやきもちを描いたネタがあります。ドラマ現場の“禁句ワード”以上に、番組に取り上げられない“禁ネタ”が出るでしょうね」(前出・記者)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ