川崎麻世とカイヤついに離婚、結婚から30年“闘争”30秒で閉廷

 俳優、川崎麻世(56)と妻でタレント、カイヤ(57)の離婚訴訟が3日、東京家裁(石橋俊一裁判長)で開かれ、離婚を認める判決が下された。川崎が原告で、カイヤは離婚と2000万円の損害賠償を求めて反訴。暴力の有無や生活費などの金銭負担をめぐり主張は対立していた。川崎は判決について「とても感謝しています」とのコメントを発表。カイヤは「控訴して川崎麻世の長年にわたるDVを明らかにしたい」と徹底抗戦の構えだ。

 壮絶なDVや不倫疑惑で注目された30年の夫婦生活。ともに離婚を求めたドロ沼騒動にようやく法の裁きが下された。

 東京家裁で開かれた判決には川崎、カイヤともに出廷せず。石橋俊一裁判長は淡々と「原告と被告とを離婚する。反訴請求を棄却する」などと主文を読み上げ、約30秒で閉廷。争点の離婚原因はカイヤにあるとした。

 夫妻は1990年に結婚。1男1女をもうけるも双方の異性問題などが報じられ、2004年から別居していた。

 第1回口頭弁論は昨年10月で、双方が顔を合わせないように時間差で出廷。川崎は自身のDVについて「一度もありません」と主張。カイヤにハイヒールで頭を殴られ出血し、カイヤ運転の車にひかれそうになった過去が明かされ、「殺されるかと思った」と訴えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ