槇原容疑者、現在の自宅からも危険薬物「ラッシュ」押収 最近まで使用か

 13日に覚せい剤取締法違反(所持)などの疑いで逮捕されたシンガー・ソングライター、槇原敬之(本名・範之)容疑者(50)の東京・渋谷区にある現在の自宅からも危険ドラッグ「ラッシュ」が押収されていたことが15日、分かった。2年前の所持容疑で逮捕されたが、捜査関係者によると、最近も薬物を使用していた疑いもあるとみて詳しく調べる方針。また、警視庁組織犯罪対策5課の調べに対し、大筋で所持容疑を認めていることも判明した。

 2年前の所持容疑で逮捕されていた槇原容疑者の薬物事件が、“現在進行形”で新たな展開を迎えた。

 この日、警視庁組織犯罪対策5課が、東京・渋谷区にある槇原容疑者の現在の自宅からも液体の危険ドラッグ「ラッシュ」を押収していたことが明らかに。組対5課は、槇原容疑者が最近も薬物を使用していた疑いがあるとみて詳しく調べる方針。捜査関係者によると、この渋谷区の自宅で同居している知人からも事情を聴いている。

 槇原容疑者は、2018年3月と4月に当時住んでいた東京・港区のマンション自室で、覚醒剤0・083グラムとラッシュ62・2ミリリットルを所持していたとして13日に逮捕。逮捕当初は「2年前のことでよく分からない」などと話していたが、その後の取り調べでは大筋で容疑を認めていることも分かった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ