デヴィ夫人、志村けんさんの訃報に新型コロナの恐ろしさ訴える ネット「他人事じゃなくなった」

 タレント、デヴィ夫人が30日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスに感染したことを公表していたタレントの志村けんさんが亡くなったことを受け、哀悼の意を捧げた。また、新型コロナウイルスの恐ろしさを訴え、注意喚起した内容はネットで注目を集めた。

 志村さんは新型コロナウイルスによる肺炎のため29日、東京都内の病院で死去。70歳だった。突然の訃報に日本中で悲しみが広がっている。

 デヴィ夫人はツイッターで「志村けんさんの新型コロナウィルスによる訃報、ショックと悲しみで胸がつぶされそう」とやりきれない胸中を吐露。「“大丈夫だ~”と言って元気に復帰して下さることを期待していたのに」と無念をつづった。

 さらに「日本の芸能界に激震!世界中を震撼させ、猛威を振るう見えない脅威、コロナウィルスの恐ろしさ。皆、他人事と思わず自覚すべき」と注意喚起。この呼びかけは拡散され、投稿からおよそ2時間で1.3万リツイート、いいねは6万に達した。

 リプ欄にも「おっしゃる通りです。夫人もお気をつけください」「悲しいです。なんか身近な人が亡くなった感じです」「年齢を問わず、気をつけて過ごしましょう」などと悲しみの声が寄せられた。志村さんの訃報によって「もう他人事じゃなくなりましたね……。ご冥福をお祈りします」「年齢を問わず、気をつけて過ごしましょう」「この現実は他人事ではないことを改めて教えて頂きました。心からのご冥福をお祈り致します」「これがきっかけでコロナの恐ろしさが本当に浸透するのではないでしょうか」などと、新型コロナウイルスに対する意識が変わった国民も多いようだ。

 デヴィ夫人のほか、志村さんと多数のコントで共演していた歌手の研ナオコや、影響を受けたという人気ユーチューバーのHIKAKIN、音楽界からもロックバンド、GLAYのTERUがツイッターで志村さんを悼んだ。また、ロックバンド、氣志團の綾小路翔は「自分の意識がまだまだ低かった事を思い知らせてくれたのが、志村けんさんになるとは…。師匠の死を無駄にしてはならない」と訴え、フジテレビ系で不定期放送されていたコント番組「志村けんのバカ殿様」で志村さんと共演していたタレントの桑野信義はブログで「志村けん師匠の悲報を知りました」としながらも「殿!嘘でしょう…」と信じられない様子だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ