TBS、コロナ感染拡大で「半沢直樹」を放送延期 ネット落胆も「全員集合再放送してほしい」の声

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて撮影スケジュールに影響が出ているとして、TBSは1日、今月スタートのドラマ「半沢直樹」の放送を延期すると発表した。前シリーズの放送終了から7年。人気シリーズの続編だっただけに、ネットには落胆の声など、さまざまな投稿が集まっている。

 主演を務める俳優・堺雅人の「倍返しだ!」というセリフが話題となった前作。銀行員の半沢(堺)による痛快な逆転劇が人気となり、最終回の視聴率は42・2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)という、平成のドラマとしては最高の数字をたたき出した。

 前作のクライマックスは、東京中央銀行の半沢が銀行内で行われていた不正を暴く逆転劇を描き、そのラストに半沢がまさかの子会社出向を命じられるという衝撃の展開で終了した。続編は小説家・池井戸潤氏の半沢直樹シリーズの「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」が原作で、出向先の東京セントラル証券で営業企画部長となった半沢に巻き起こる事件を描く。

 続編の放送延期を受け、ネットには落胆の声があふれた。ツイッターには「嘘だろ…?」「楽しみにしてたのに」「残念で仕方ない」「楽しみが一つ減ってしまった」「楽しみだったのになあ。話の数は減らさないでほしい」などの書き込みが殺到している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ