相葉雅紀『志村どうぶつ園』で涙のあいさつ「受け止め切ることができません」

 新型コロナウイルスによる肺炎のため3月29日に死去したタレント、志村けんさん(享年70)が司会を務めた日本テレビ系「天才!志村どうぶつ園」(土曜後7・0)の2時間特番が4日、放送された。訃報を受けて、志村さんをしのぶ内容に変更。嵐の相葉雅紀(37)らレギュラー出演者が涙ながらに故人への思いを語った。

 番組冒頭、相葉は「志村さんが亡くなられたことは信じられませんし、受け止め切ることができません。嫌です、悲しすぎます。志村さんの優しい笑顔が頭から離れません」と「園長」と慕われ、動物をこよなく愛した志村さんを思い、涙。それでも「僕たちは、志村さんに教えていただいたことがたくさんあります。その一つ『いつもみんなを笑顔に』。志村さんが安心してお休みしていただけるように、今日はみんなを笑顔にできるように頑張りたいと思います」と声を震わせながら述べ、頭を下げた。

 そして「山瀬さん、笑顔ですよ」と涙が止まらない様子のタレント、山瀬まみ(50)に気遣いも。山瀬も、相葉の励ましを受けて「うん、頑張ろうね」と誓っていた。

 この日の放送は2日に収録。レギュラー陣が顔を合わせるのは、志村さんも参加した3月5日の収録以来、約1カ月ぶりだったといい、レギュラー陣の後ろには、いつものツナギ姿でバンダナを首に巻いた柔和な笑顔の志村さんが、チンパンジーのパンくんと戯れる写真などが飾られた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ