新型コロナの影響が松本人志にも…「ヒマヒマ」投稿にネット「とうとう、まっちゃんもか…」

 新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、ダウンタウンの松本人志が7日、自身のツイッターを更新。その内容がネットで大きな話題になっている。

 松本はこの日、ツイッターで「いよいよ。とうとう。ヒマヒマ」とつぶやき、番組収録の中止が相次ぐ芸能界の現状について書き込んだ。

 この投稿にお笑いコンビ、次長課長の河本準一が反応。自身のギャグ「お前に食わせるタンメンはねえ!」を引用する形で、「松兄!タンメン暇すぎて麺のっびのびです」と返信した。また、松本が母親役を演じるバラエティー番組「松本家の休日」(ABCテレビ)の番組公式ツイッターも、松本のツイートを引用したうえで「お母ちゃん…」とリツイート。松本の現状を気遣った。

 新型コロナの感染拡大を受け、芸能界では番組収録をできない状態が続き、テレビ各局が一部の連続ドラマのスタート日を遅らせるといった異例の事態が発生している。

 バラエティー番組の制作現場も同様で、ロケなどの収録が中止になるケースが続出。生放送の番組では、感染予防策として、出演者が一定の間隔を確保して各ポジションに就くというスタイルが定番化しており、なかにはテレワークでレギュラー陣が出演するという番組もある。TBSの人気特番で、100人を超える芸人たちが出演する「オールスター後夜祭」が放送中止になったことはさまざまな媒体でも取り上げられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ