声優・三石琴乃が「セーラームーン」台本を公開 SNS「これは歴史的文書」「この台本から名作が生まれた」

 声優の三石琴乃が21日、ツイッターで1992年に放送がスタートしたアニメ「美少女戦士セーラームーン」(テレビ朝日系)第1話の台本を公開。“お宝画像”にファンが沸いた。

 同日、劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」の9月公開が決まったことを記念し、92年放送開始「美少女戦士セーラームーン」、93年放送開始「美少女戦士セーラームーンR」、94年放送開始「美少女戦士セーラームーンS」の3シリーズ、計127話をユーチューブで配信することが発表された。これを受けて、主人公の月野うさぎ/セーラームーン役を演じる三石はツイッターで「#セーラームーン無料配信」のハッシュタグを添えて「なんだか、懐かしい台本を開いてみました。…ドキドキする」とシリーズ第1作の第1話台本を公開。色褪せた表紙と、赤で線などが引かれた中面の写真を投稿した。

 貴重な台本の写真にファンは歓喜し、リプ欄には「とっても貴重な台本をありがとうございます。テンション上がりました」「うわわ!なんて貴重な!!!」「震えてます」「これは歴史的文書です」などのコメントが殺到。当時の少女たちを熱狂させた名作ということで「この台本から名作が生まれたと思うと感慨深いです」と噛み締めるファンの声もあった。

 また、当時の台本が手書きであることも注目され「この時代、手書きなんですね」と驚くネットユーザーも多数。時代を感じさせる台本の写真に「台本を大切に保管されている事、私もとても嬉しいです」と喜ぶファンもいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ