松本人志のSNS大喜利、間寛平への“塩対応”が定番化? ネット「この流れ好きw」「自粛が終わるまでにIPPON!貰えますように」

 ダウンタウンの松本人志が22日、自身のツイッターを更新し、ここ数日、多くのファンを楽しませている大喜利「写真で一言」のお題を投稿。もはや“お約束”になっている先輩芸人、間寛平への“塩対応”を多くのファンが喜んでいる。

 松本はこの日、ツイッターに筋骨隆々の黒人男性が大きな犬を背負いながら腕立て伏せをしているというシュールな画像をアップし、フォロワーたちに「写真で一言」と呼びかけた。

 この投稿にフォロワーのほか、芸人たちも回答を寄せる流れとなり、お笑いトリオ、ニブンノゴ!の大川知英は「ラジオ体操第15~ 犬を背中にアリの巣探し~ イチ、ニー、大きく屁を2回して~」と返信。これに松本は「長いわ!わろてもーたけど!」と答えた。また、芸人のハチミツ二郎は「犬タウロス」とリプ。松本の判定は合格となる「IPPON!」だった。

 そんななか、寛平が自身のギャグを絡ませながら「おもたい~~の」と書き込むと、松本は「まえから気になってたテレビの裏の配線を整理してるのですいません。」と冷めた対応。寛平はこれまでも松本の投稿に答えを寄せているが、松本からの反応はすべて素っ気ないもので、この流れは、SNS大喜利の“定番”になりつつある。

 寛平の回答には、2人のやりとりを楽しむネットユーザーからのコメントが相次いでおり、「寛平さーん 今回も想い届かず(大爆笑)」「いつもやり取り最高です」「この流れ好きw」「コロナ自粛が終わるまでには寛平さんがIPPON!貰えますように……」などの声が届いている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ