「ハッピーバースデー」よりウォッシュだぜ! ウルフルズ・トータス松本の手洗いソングに称賛

 ロックバンド「ウルフルズ」のボーカリスト、トータス松本が27日にツイッターを更新。1995年のヒット曲「ガッツだぜ!!」の替え歌で、新型コロナウイルス予防に効果的とされる手洗いを呼びかける動画を投稿し、ネットユーザーから「この手洗いソングが1番」と称賛されている。

 投稿された約20秒の動画では、トータス松本がギターを弾きながら歌声を披露。「ガッツだぜ!!」のメロディーにのせて「ウォッシュだぜ!!パワフル手洗い ウォッシュだぜ!!指も手首も」と熱唱し、最後に真面目な表情で「こういうこと」とつぶやいた。

 新型コロナウイルスを予防するには手洗いに30秒以上かけるのが有効だとされており、米疾病対策センター(CDC)は「ハッピーバースデートゥーユー」の歌を2回歌うくらいの時間をかけてしっかり洗うことを推奨している。

 「ウォッシュだぜ!!」の歌は約15秒。ファンから「2回繰り返せば30秒なんですね! さすが松本さん ウォッシュだぜ!!」「正直『ハッピバスデ』じゃなんだかな~でした。これこれこれ!!踊りながらこれで洗います!」などと実践したいというコメントが相次いだ。

 また、「ガッツだぜから四半世紀経ってるんだな」と時間の流れを実感するコメントもあった。エネルギッシュな歌声と親しみやすい人柄で平成の時代を彩ったスターも、もう53歳。だが、「トータス松本さんは今が1番かっこいい気がする。イケオジ素敵」などのコメントも見られ、まだまだファンを魅了しているようだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ