「週刊少年ジャンプ」、新型コロナの影響で休載増える見込み 読者の反応さまざま

 漫画誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)の編集部は11日、公式ホームページで新型コロナウイルス感染拡大防止のため、連載中の作品について、今後、休載が増える見込みだと発表した。同編集部の対応に、ネットではさまざまな意見があがった。

 公式ホームページでは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、「連載されている漫画家の先生方に、できる限り感染リスクの少ない方法での執筆をお願いしています」と伝え、これにより「原稿完成までに多くの時間が必要となるため、止むを得ず、休載とさせていただくケースが増える見込みです」と告知。「読者の皆様には、ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞご理解下さい」と呼びかけ、「これからも、皆様に楽しんでいただける雑誌を出していけるよう努力いたします」と結んだ。

 同誌の公式ツイッターでも同様に伝えると、ツイートのリプ欄には「先生方、スタッフの皆様の命が第一優先です」「こんな状況下でも娯楽を提供していただけることに感謝しかありません!待ちます!」「大丈夫やで!コロナに気をつけてくれや、漫画家さんも編集部さんも!」といったコメントが殺到。残念がる声もあったが、理解を示す読者が多数だ。なかには「HUNTER ×HUNTER読者は鍛えられてるから苦じゃない」と2018年11月以降、休載が続く冨樫義博さんの人気作をあげてエールを送る読者も少なくなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ