キムタク新CMに「高校生の娘がいるパパとは思えない」「いい感じに年齢重ねた」

 俳優で歌手の木村拓哉が出演する男性向けスキンケアブランド「バルクオム」の新しいテレビCMの放送が、12日から関東地区で始まった。

 木村がベッドから起き上がり洗面所で洗顔する「朝のルーティーン」編と、バスルームを出て化粧水を塗る「夜のルーティーン」編の2種類。どちらも、木村がカメラ目線で「バルクオム!」とブランド名を口にし、撮影現場でクライアントらがプロ意識の高さに驚くという内容だ。

 ツイッターでは「キムタクの洗顔といえばあの名作CM!ギャツビー このキムタクの色気すごかったよなあ」「キムタクでスキンケアといえば、ギャツビーのCMでフット岩尾がキムタクになるのを思い出す。あれから10年以上経ってもマスに対してのスキンケアに起用されるキムタクすごい」などと、2009年に放送された洗顔料「ギャツビー」(マンダム)のCMを思い出したというコメントがズラリ。「高校生の娘がいるパパとは到底思えん」「キムタクはいい感じに年齢重ねてかっこよい」と時代を超えた活躍に改めて称賛が集まった。

 CMはファンの間で大きな話題になり、関東以外のネットユーザーからは「関西人には見せてくれへんのんかーい」「他の地域で放送する予定は」などの声があがった。動画投稿サービスのユーチューブでは、2種類のCMのほか、メイキング映像が公開されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ