朝ドラ「エール」で野田洋次郎が「影を慕いて」弾き語り ネット興奮「とても素敵」「朝からジーンときた」「次のリリースでボーナストラック入り?」

 NHK連続テレビ小説「エール」の第33話が13日、放送され、ロックバンド「RADWIMPS」のボーカル、野田洋次郎演じる木枯正人が、昭和の名曲「影を慕いて」を弾き語りする場面があった。その歌声にネットが沸き、多くの視聴者がSNSに感想を書き込んだ。

 前回東京五輪の「オリンピック・マーチ」など、数々の名曲を残した福島県出身の作曲家、古関裕而さんと、妻で歌手として活躍した金子(きんこ)さんをモデルに、音楽とともに昭和を駆け抜けた夫婦の絆を描く同作。主人公の古山裕一役を俳優の窪田正孝が務め、その妻となる関内音を女優の二階堂ふみが演じる。

 木枯は、コロンブスレコードと契約を結んだ裕一と同期の作曲家で、第33話では、裕一より先に自身の曲がレコードに採用された。しかし、そのレコーディングは自分の思い通りにならず、イライラした木枯はその晩、気晴らしに裕一を連れて、夜のカフェーを訪れる。そこで女給からのリクエストを受けて披露した楽曲が「影を慕いて」だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ