朝ドラ「エール」で野田洋次郎が「影を慕いて」弾き語り ネット興奮「とても素敵」「朝からジーンときた」「次のリリースでボーナストラック入り?」

 この楽曲は、国民栄誉賞を受賞した作曲家、古賀政男氏が作詞・作曲したもので、オリジナルでは、藤山一郎氏が歌っている。歴史に残る昭和の流行歌だが、そんな楽曲も野田が歌うとまた一味違ったものに。放送後、ネットが「洋次郎さんの影を慕いて、雰囲気があってとても素敵でしたね」「朝から古賀政男さんの名曲でジーンときました。野田洋次郎さんが歌ってるのも新鮮でホントによかった」「さすがミュージシャン、野田さんが歌うとまた一味違う良さが滲み出ていますねぇ」などと盛り上がった。

 また、野田のファンは、思いがけず朝から彼の歌声を聞けたことに大喜び。ツイッターには「朝から洋次郎さんの『影を慕いて』を聞けるとは思っていなかったので嬉しかったです」「コメディ感凄かったけど朝から野田さんの歌声聴けた」「朝ドラでまさか野田洋次郎の歌声聞けるとは…」といったコメントも集まった。

 そのクオリティーの高さから音源化を求める声もあり、SNSには「この影を慕いては次のリリースでボーナストラックに入るんですよね?(違)」とボケるネットユーザーの書き込みも見られた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ