グラドル・倉持由香が持続化給付金「100万円振り込まれた」と報告 収入は「歩合だとガッツリ減る」…同業者らに制度利用呼びかけ

 100センチのヒップで“尻職人”の異名を持つグラビアアイドル、倉持由香が2日、ツイッターを更新。新型コロナウイルスの影響で収入が減った中小企業や個人事業主を支援する「持続化給付金」の100万円が振り込まれたと報告した。

 持続化給付金は中小企業に最大200万円、個人事業主に最大100万円を給付する緊急経済対策。先月8日に支給が始まった。

 倉持は、持続化給付金の100万円が2日に振り込まれたことを示す預金口座の画像とともに「持続化給付金が100万円振り込まれたぞ~~!! ありがたやありがたや……」と投稿。「確定申告してる人達は大丈夫だと思うから、収入減ったグラドル達はちゃんと申請するのだよ!!!!」と続け、個人事業主に当たるアイドルらに向けて制度の利用を呼びかけた。

 ツイッターではファンからの質問が相次ぎ、いつ申請したかを聞かれて「5/18ですね!」「初日申請したのに来ないよー!って呟いてる方が多いから、こんなに早く来ると思ってなかったです!よかったー!」と返信。「さすがもっちー(愛称)」と褒める投稿には、収入について「歩合だとガッツリ減るので助かります…!」と率直なコメントを返した。

 また、倉持はその後、「固定資産税払いなさいよ~~って来てたので早速持続化給付金から支払わねば…!!結構かかるんだなあ…!」と100万円の使い道について投稿していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ