コロナ対策で声優ライブのチケット代が約2倍に…ファンは理解「開催の努力、有り難い」

 新型コロナウイルス感染予防の対策で、イベント運営者らが苦境に立たされている。声優で歌手の鬼頭明里の公式ホームページは10日、ライブのチケット価格を値上げすると発表し、話題を呼んだ。「今は仕方がない」と理解を示すファンがいる一方で、「他のイベントのチケットも値上がりするのでは」と不安をこぼす人もいる。

 鬼頭は昨年、テレビアニメ「鬼滅の刃」(TOKYO MXほか)に主人公の妹、竈門禰豆子役で出演。歌手としても活動し、10日にファーストアルバム「STYLE」を発売した。9月22日~10月3日には東京・大阪・名古屋でライブツアーを行う。

 10日には、公式ホームページなどでライブツアーチケットの価格が6800円から1万2000円(ともに税別)になることが発表された。「コロナ禍におけるイベント開催の収容可能人数制限に則り、開催を行う場合の開催予算の都合の為」だという。政府は先月25日、コンサート等の参加者数の目安について、会場の収容人数の半分に抑えることを軸に、段階的に緩和していく方針を発表。8月1日以降については「今後検討の上、別途通知する」とされた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ