金爆・樽美酒研二の地元愛に称賛の声集まる SNS「男だな」「なかなか出せる額ではない」「人の良さがにじみ出てる」

 ビジュアル系エアーバンド、ゴールデンボンバーの樽美酒研二の地元愛がネットで大きな話題となり、男気あふれる行動に称賛の声が集まっている。

 キッカケは福岡県うきは市が発行する「広報うきは」(2020年7月1日号)。この3ページ目の最下段にある囲み記事を樽美酒のファンが発見。目立たない小さな記事だが、それがSNSで拡散し、ネットで話題になっている。

 囲み記事には「ゴールデンボンバーのメンバーで、うきは市出身の樽美酒研二さんが、新型コロナウイルス感染症の対応に役立ててほしいと、うきは市に500万円の寄付をされました。いただいたご寄附は、困っている方々や子どもたちなどへの支援に大切に使わせていただきます。誠にありがとうございました」とあった。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今年に予定されていた全国ツアーの全公演を来年に延期することを決めたゴールデンボンバー。この決定に樽美酒も自身のインスタグラムを更新し、悔しさをにじませながら「でも僕は絶対に気持ちは折りませんから!2021年のツアーでは誰にも負けない変態で無敵な40歳になって皆さんを迎え入れて差し上げます!だから皆さんも負けないでっ!!頑張りましょうッッ」などとつづっていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ