草なぎ剛、大河ドラマ出演でSMAPファン歓喜! 「吾郎さんの朝ドラに続いて…」「慎吾ちゃんと同じ幕末じゃん!」

 俳優の草なぎ剛が来年放送予定のNHK大河ドラマ「青天を衝け」に出演することが10日、同局から発表され、ネットが沸いた。

 草なぎが演じるのは、江戸幕府最後の将軍、徳川慶喜。この日、ツイッターでは「徳川慶喜」「将軍・慶喜」「青天を衝け」といったワードがトレンドに入り、多くのネットユーザーが草なぎの大河出演を喜んだ。

 同作は、新一万円札の肖像となる実業家、渋沢栄一(吉沢亮)を主人公にした物語。幕臣から明治政府に仕官後、民間人となり、日本初の銀行など約500の企業設立や経営に関わった栄一の姿を描く。

 草なぎ演じる慶喜は、徳川斉昭の七男に生まれ、その後、徳川幕府最後の将軍となる人物。側近の平岡円四郎(堤真一)の目利きで栄一と出会い、財政改革に手腕を発揮した栄一を重用するという役どころで、幕府終焉後も、栄一とは厚い信頼関係が続くという。

 草なぎも慶喜を演じることに強い意欲を見せ、事務所の公式HPに「頂いた台本からはエネルギーをすごく感じていて、パワーのあるストーリーを感覚を研ぎ澄ませて演じ、みなさんの記憶に深く残る徳川慶喜にしたいです。慶喜役は、僕の人生にとっても大きな役になると思います。全力をもって挑みたいと思っています」などとコメントを寄せている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ