市川海老蔵、木村拓哉主演「BG」最終話に本人役で登場 「共演楽しみ」「ラストを飾るに相応しい方」と視聴者期待

 俳優の木村拓哉が主演を務めるテレビ朝日系連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(木曜後9・0)の最終話(30日放送)に、歌舞伎俳優の市川海老蔵が本人役でゲスト出演することが27日、番組公式ホームページなどで発表された。ヤフーのリアルタイム検索のトレンドランキングでは、海老蔵の名前が上位にランクインするなど、ネットで話題になり、視聴者たちの期待を集めた。

 同作は2018年1月期に放送された人気ドラマの続編で、木村演じるボディーガード・島崎章の活躍を描く。前作の最終話では、歌手の矢沢永吉が本人役で登場し、話題になったが、今作では海老蔵が本人役でゲスト出演する。

 木村と海老蔵は普段から親交のある間柄で、共演は今回が3回目。海老蔵は、章と高梨雅也(斎藤工)、菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮祥太朗)らに警護されながら、とある賞の授賞式会場へ向かうシーンに登場する。

 このニュースを受け、ツイッターには「海老蔵さんがゲスト出演?楽しみすぎます」「セカンドシーズンのラストを飾るに相応しい方」「大好きなお二人の共演、楽しみにしています」「ご本人での登場シーンが楽しみです」などの声。また、前作の最終話でも矢沢が本人役で登場し、作品を盛り上げたことにふれて「シリーズ化したら、最終回は常に大物での本人役できまりだね」と想像する視聴者も見られた。

 海老蔵もツイッターで「おはようございます。急上昇ワードにのってる?」と反応し、「最終回のゲストという事で本当に自分で良いのかな?という気持ちもありましたがそんな気持ちも何処かへ行ってしまうくらい素敵な現場でした」と撮影を振り返った。海老蔵のツイートに対しても「共演見たかったのでめっちゃ、嬉しいです!」「必ず見ますよ!!」「お二人の掛け合い楽しみです」などの返信が集まった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ