横浜銀蝿、NHK「うたコン」生出演で昭和世代歓喜! 令和風にアレンジした名曲にSNS「最高」「かっこよすぎ」「元気出た」

 28日に放送された音楽番組「うたコン」(NHK総合)に、今年結成40周年を迎え、37年ぶりにオリジナルメンバーが集結した「横浜銀蝿」が「横浜銀蝿40th」として生出演。懐かしいナンバーを令和風にアレンジした楽曲「ツッパリHigh School Rock’n Roll(在宅自粛編)」を披露し、ネットの昭和世代を沸かせた。

 「横浜銀蝿」とは、1980年代前半に一世を風靡したロックバンド。リーゼントに革ジャン、サングラスという“ツッパリ”衣装を身にまとい、「ツッパリ High School Rock’n Roll(登校編)」などのヒット曲で当時の若者から絶大な人気を得た。活動期間はわずか3年3カ月で、人気の絶頂のなか解散した伝説的グループとして語りつがれている。メンバーは嵐(ドラム)、翔(ボーカル)、Johnny(ギター)、TAKU(ベース)。Johnnyが作詞・作曲を手掛けた「男の勲章」(歌・嶋大輔)が、2018年に放送された連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系)の主題歌に採用され、再び注目を集めた。

 デビューから40年経ってもあの雰囲気は健在で、久々の地上波生演奏にネットも歓喜。放送後、そのパフォーマンスが話題となり、ツイッターで「横浜銀蝿」がトレンド入りするなど、昭和世代が沸いた。

 SNSには「懐かしいなぁ、昔はカラオケで必ず歌う奴いたな!昔に、戻りてー」「横浜銀蝿最高だなww台詞のとことかクソ笑った」「liveで見てたけど、横浜銀蝿最高!だった」などのコメントがズラリ。変わらないそのスタイルを多くの視聴者が「何年経っても永遠にかっこいいのすごい」「年齢重ねた今の方が40年前よりもかっこいいではないか」「イケオジ集団やん!かっこいい」などと絶賛した。

 一方、21世紀の令和の時代に再び横浜銀蝿が注目されることに驚く人もおり、ツイッターには「令和2年に横浜銀蝿がトレンド入りするとはな」「令和に銀蝿が見れるとは」「トレンドに横浜銀蝿が上がる日が来るとはw」といった書き込みも。歌詞を令和2年風に替え、「不要不急の外出自粛」「寄るな触るな2メートル」「無駄な買い占め絶対ダメだぜ」などのワードを散りばめた楽曲も話題となり、「歌詞がイカしてて笑った」「横浜銀蝿のコロナ自粛バージョン最高じゃん!」「あの名曲が『在宅自粛編』でうがいとか手洗いとかリモートとか2メートルとか買い占めダメとか かっこよすぎか!」などと盛り上がった。

 また、コロナ禍で暗い話題が続くなか、4人の演奏に励まされたというネットユーザーも少なくなかった。ツイッターには「横浜銀蝿に元気貰いました」「横浜銀蝿カッコいいな~~!元気出るわ」「元気出た。前向きになれた。ありがとう銀蝿」「在宅自粛編はなかなか面白かったし聞いていて元気になったよ みんなもコロナウイルスで大変だけど頑張って乗り越えよう!」といったコメントも散見された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ