江頭2:50の作品「バンク尻ー」がバンクシー展に ネット「また1つ伝説作った」「過去の作品も見て」

 お笑いタレント、江頭2:50のアート作品が、29日から横浜・アソビルで開催中の展覧会「バンクシー展 天才か反逆者か」(9月27日まで)に展示された。同日、江頭の公式ユーチューブチャンネル「エガちゃんねる」にアップされた動画で発表された。ネットではさまざまな反応が寄せられている。

 動画では、ニュースキャスターに扮した江頭が「ただいま速報が入りました」と切り出し、同チャンネルで製作したアート作品「バンク尻ー」を展示させてほしいという連絡を受けたことを明かした。同チャンネルではおなじみのサポート役、ブリーフ団(M)が同展覧会を訪れ、江頭の作品を飾る様子も公開している。

 展示されるのは、江頭がお尻から吹いた粉で作ったアート作品で、3月に同チャンネル内で製作の模様を公開したもの。この動画では、気になっている人としてバンクシーの名前をあげて「あいつのことをすごい尊敬してる」といい、独特な手法で作品を作り上げた。

 同展覧会に展示されることや作品について、ツイッターには「また1つ伝説作ったな」「ちょっと見てみたいと思う」「これはすごい笑 そして、描き方に笑いました」といった書き込みが集まり、「マジか!!!もう観に行っちゃったよ!笑」と悔やむ投稿も確認できた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ