秦基博「ジャニーズNo.1ソング」に「夜空ノムコウ」選出でSMAPファン歓喜 「5人が一緒に歌ってるだけで幸せ」「潤くんが口ずさんでた」

 関ジャニ∞の冠番組「関ジャム」(テレビ朝日系)初のゴールデンタイム2時間スペシャルが29日、放送され、ネットでSMAPファンが歓喜する一幕があった。

 この日の番組は2本立てで、アイドルグループ、嵐のライブ演出を担当する松本潤に密着取材しながら、ジャニーズのライブ演出のすごさを解剖するという企画と、有名アーティストやジャニーズメンバーが選ぶ「私のジャニーズNo.1ソング」という特集が放送された。

 SMAPファンが盛り上がったのが、「私のジャニーズNo.1ソング」で、著名アーティストたちから続々と名曲が選ばれるなか、シンガー・ソングライターの秦基博が、このテーマの楽曲として、SMAPの「夜空ノムコウ」をセレクト。秦はその理由について、「ジャニーズ曲で初めて“カゲ”のようなものを感じた、とても印象的な楽曲です。それは夜明け前の薄暗さであったり、煮え切らない現状やそれに対する心模様であったり。(歌詞の)『僕の心のやらかい場所を今でもまだしめつける』の部分で本当に胸がギュっとなります」と説明した。

 この選出にSMAPファンがネットで大喜び。ツイッターでは放送中から「夜空ノムコウ」がトレンドに入り、多くのファンが、楽曲への感想や思い出などを書き込んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ