1975年「おはようさん」秋野暢子(1)実力派の原点は演劇部

【朝ドラのころ】

 NHK連続テレビ小説の歴代ヒロインに迫る大型連載の8月は、1975年度後期の「おはようさん」に主演した秋野暢子(63)が登場する。高校時代に出演した74年の同局ドラマ「おおさか・三月・三年」で好演したウエートレス役をきっかけに夢のヒロインをゲット。大阪を舞台に異母姉らと共同生活を送るOLを爽やかに演じた。98年の「やんちゃくれ」、2016年の「とと姉ちゃん」と2度朝ドラに“里帰り”した実力派が秘話を語り尽くす。

 中学からエスカレーターで進学した大阪の四天王寺学園高で演劇部に入っていました。予選を勝ち抜くと全国大会に出られるんですが、大会の審査員を務めていたのが劇団の主宰者やテレビ局のプロデューサーの方々でした。

 15歳後半の頃、私の舞台をご覧になった方に誘われ、下條正巳さん主演のNHKラジオドラマに看護婦役で出演したのがこの仕事を始めるきっかけ。朝日放送のドラマ「部長刑事」や大御所の方との2人芝居などで経験を積みました。

 「おはようさん」が放送される前年の74年、NHK銀河テレビ小説「おおさか・三月・三年」に出演しました。笑福亭仁鶴さんがマスターを演じた喫茶店のウエートレス役をもらい、店先で水をまくシーンの撮影で、橋幸夫さんの「伊太郎旅唄~潮来笠」をアドリブで歌ったんです。それを見たディレクターが「おはようさん」を担当される方で「コイツいける」って使ってくれて…。今考えると、それがヒロイン・鮎子の最終オーディションでした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ