大河女優の川口春奈、黙々とブリをさばく 「サムネの可愛さと本編のグロさのギャップ…ほぼ詐欺」

 NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」に織田信長の正室、帰蝶役で出演中の女優、川口春奈が2日、公式YouTubeチャンネル「はーちゃんねる」にブリをさばく動画をアップ。その豪快な包丁さばきが視聴者の間で話題になっている。

 「巨大なブリをさばいていく!」と題したこの動画は、6月28日に公開された「突然ですが、鯛、さばきます。」に続く「お魚さばきシリーズ第2弾」で、前回の鯛よりも2周りほど大きなブリを、川口が一人でさばく様子が収められている。

 ねじり鉢巻きに黒いTシャツ、エプロン姿で登場した川口は、ウロコや頭を落とし、わたを取り除いて3枚に下ろす間、テロップは入るものの、口頭ではほとんど説明せず、「おりゃー!」「あぁ…固い…」「うー!」「わー」など、時折奇声をあげつつ黙々と解体を進めていく。

 コメント欄には、若手の美人女優による動画らしく、「めちゃくちゃ可愛い」「滅茶苦茶ですが、可愛いと許される ずるい」「酷いけど可愛いのでオールオッケー」「こんな板前いたらな……毎日通う」など、可愛らしさにやられたファンの声が並んでいる。

 「川口サン 男前」「ハチマキすると『てやんで~!』って感じで好き」と、ねじり鉢巻き姿も好評だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ