金爆・歌広場淳がコロナ感染、7月下旬には陰性だった ネット衝撃「一体どのタイミングで」

 ビジュアル系エアーバンド、ゴールデンボンバーの歌広場淳(34)が新型コロナウイルスに感染したことが6日、公式サイトなどで発表された。同日、歌広場やメンバーがブログやSNSを更新し、発熱などの症状はないと伝えたが、ネットでは衝撃が走った。

 公式サイトでは、「ゴールデンボンバーのメンバー・歌広場淳が新型コロナウイルスに感染していることが、本日8月6日に判明いたしました」と発表し、「8月4日に体温を計測した際、37.5度を計測したため、以降予定していた仕事をキャンセルさせていただき、病院の指導のもと翌5日にPCR検査を受け、本日6日に感染が判明しました」と経緯を説明。5日以降は、平熱で体調を崩すなどはしていないという。また、メンバーやマネージャーもPCR検査を受けたが、陰性だった。

 歌広場も同日、ブログを更新し「普段からの感染予防に加え、配信番組の撮影や今月1日の無観客配信ライブに向けても特に対策を心がけていたので、自分自身、今回の陽性判定に愕然(がくぜん)としました」と心境を吐露。また、直近の行動を報告しており、先月28日にもPCR検査を受け、翌29日には陰性の報告があったことを明かしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ