「翔んだカップル」の轟二郎さん死去 ネットに惜しむ声多数「彼がいたからこそヒット」 映画評論家の町山氏も高く評価

 フジテレビ系ドラマ「翔んだカップル」の織田隼人役や、日本テレビ系スポーツバラエティー「びっくり日本新記録」のチャレンジボーイとして知られるタレント、轟二郎(とどろき・じろう、本名・三浦康一=みうら・こういち)さんが2日、大腸がんで亡くなったと6日、轟さんのブログで関係者が発表した。65歳だった。

 轟さんの往時の活躍は、視聴者の記憶に強く刻まれていたようで、ツイッターには「なんだって!! ショックだわ」「残念」「65で亡くなるの、早すぎだよ(涙)」など、早すぎる死を惜しむ声が数多くあがっている。

 出演作を振り返る投稿も多いが、大半は柳沢みきお原作の漫画「翔んだカップル」のドラマ版に関するもの。「轟二郎といえば『翔んだカップル』石原軍団に入る前の秋山武史、売れる前の柳沢慎吾や佐藤B作やベンガルも出てた。NG集って、あのドラマが元祖なんだよね」「当時夢中で観てました。メチャクチャ面白かったなぁ」など、同作への賛辞に加え、「翔んだカップルの織田先輩が面白くて好きだった」「翔んだカップルは夢中で見てましたが、彼のユニークなキャラクターは存在感抜群でした。言ってみればある意味、彼がいたからこそのヒット作とも言える気がします」と轟さんの功績をたたえる声が少なくない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ