ノンスタ井上「非常に残念」 原作者逮捕で連載打ち切りの「アクタージュ」に反応さまざま 「早く復活して」「許されない」

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の人気漫画「アクタージュ」の原作者、松木達哉容疑者(29)が強制わいせつ容疑で逮捕されたことを受け、同誌編集部は連載の打ち切りを発表。「アクタージュ本当に終わんのか…?」「悲しい」「今週のアレで終わりなんて辛すぎる」とファンに衝撃が走った。お笑いコンビ「NON STYLE」の井上裕介も10日夜、ブログを更新し、「偉大なる漫画『アクタージュ』が、未完成のまま終わっていくのは非常に残念」とショックを隠せない様子だった。

 「マツキタツヤ」名義で「アクタージュ」の原作を担当していた松木容疑者。6月18日午後8時ごろ、東京都中野区の路上で、塾から帰宅中の女子中学生を自転車で追い抜く際、胸を触った疑いで今月8日、警視庁中野署に逮捕された。同誌編集部は10日、今週発売の36・37合併号で連載を打ち切ると発表。ホームページに「この事態を非常に重く受けとめて、事実確認のうえ、作画担当の宇佐崎しろ先生と話し合いを持ちました。その結果、『アクタージュ』の連載をこのまま継続することはできないと判断いたしました」と掲載した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ