香港の周庭氏「欅坂46『不協和音』の歌詞が頭に」発言に大きな反響 信念貫く姿を重ね「ほんまに音楽の力ってすごい」

 「拘束されている間、『不協和音』の歌詞が頭に浮かんだ」。香港国家安全維持法(国安法)違反の疑いで逮捕され、11日深夜に保釈された民主活動家の周庭(アグネス・チョウ)氏(23)。警察署前で臨んだ保釈後の記者会見で、人気アイドルグループ「欅坂46」の代表曲を挙げたことに、ネット上では「欅坂の不協和音…凄いな!」「ほんまに音楽の力ってすごい」「胸が締め付けられる」と大きな反響が広がっている。「僕はYesと言わない」で始まる「不協和音」の歌詞に、自分の信念を貫き抵抗を続ける周氏の姿を重ねた人も少なくなかったようだ。

 日本のアニメやアイドルグループのファンとしても知られる周氏。逮捕直後には、多くのネットユーザーが「周庭さんの自由をかえして!」「彼女が日本語で、TVやラジオでまた話すのを待っています」といった多くの声援が寄せられていた。周氏は保釈後の会見で、「香港市民や日本、世界の人々から応援をいただいた。皆さんの愛、支持に感謝したい」と感謝。「引き続き香港の民主主義と自由のために、香港人の一人として闘っていく」と誓った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ