白石麻衣、卒業ライブは配信で ネットの反応「仕方ないとはいえ思う部分がある」「欅のラストライブも…」

 乃木坂46の白石麻衣が20日、YouTube公式チャンネルで初の生配信を行い、10月28日に卒業ライブを配信ライブで行うと発表した。乃木坂46のエースとしてグループを引っ張ってきた白石。配信での卒業ライブにファンの反応はさまざまだ。

 今年1月にグループからの卒業を発表し、当初は5月に東京ドームで卒業ライブを行う予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止に。卒業も延期になっていた。

 この日の生配信は白石の28歳の誕生日ということで、同期メンバーの松村沙友理、高山一実が駆けつけて参加。和気あいあいとした雰囲気のなか、終盤では卒業ライブについて発表。10月28日に配信ライブで開催すると伝えた。

 白石は「最後だからちゃんと皆さんの前であいさつしたかったという気持ちもあった」と胸中を明かしつつもも「1月に卒業を発表して半年以上経ってしまって、いつまでも乃木坂46で何もできないでいるというのも、私個人としてもちょっとちがうなと思った」と複雑な心境だったことを告白。配信ライブでの開催は「グループのことを考えても、早く私が一歩を踏み出して、新しい乃木坂46の活動を見たいといろいろ考えたうえで出した結果」とした。配信という形をとることを「配信だからこそできることもあるし、今までの卒業ライブとはちょっと違う形になるかなとは思うけど、見てくださる皆さんのことを第一に考えて、皆さんがより楽しく、よかったなと思えるライブ作りをしていこうと思っています」と前向きにとらえている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ