「半沢直樹」で“鉄の女”を好演! 西田尚美、人気ドラマ出演で反響の大きさにビックリ? 

 女優の西田尚美が23日、自身のツイッターを更新。現在放送中の人気ドラマ「日曜劇場 半沢直樹」(TBS系)にレギュラー出演している彼女が、その反響の大きさについてつづった。

 俳優の堺雅人が型破りな銀行マン、半沢直樹を演じ、その奮闘ぶりを描く物語。直木賞作家・池井戸潤氏の人気小説を原作に2013年に前作がドラマ化され、続編となる今作、物語は“後編”に突入している。出向先から東京中央銀行営業第二部次長に復帰した半沢が、さまざまな敵と戦いながら、破綻寸前の航空会社「帝国航空」の再建に奔走する様子が描かれる。

 西田は開発投資銀行(開投銀)企業金融部第四部次長・谷川幸代役でドラマに出演。開投銀は帝国航空のメインバンクで、谷川はその担当者という役どころだ。“鉄の女”という異名を持ち、政府系銀行という立場から、政府の意向を汲み取りつつも自分の意見を巧みに通すやり手の女性バンカーとして劇中に登場。物語を盛り上げるうえで重要な役割を果たしている。

 23日放送の第6話で、谷川は、帝国航空の経営再建に向けて国家権力と闘う半沢と対面。帝国航空の余剰人員の受け入れ先探しに奔走する半沢から相談を受け、メインバンクの担当者として業績が好調な格安航空会社(LCC)を紹介するなど、異名とは裏腹に、あたたかい一面を見せた。

 西田は第6話放送後、ツイッターを更新し、「今日、ネルと散歩してたら、行きつけの八百屋さんに『あ!鉄の女!』と声かけられました。今日の放送見てくれたかしら…」と投稿。ドラマ出演による反響の大きさについてつづった。

 このツイートにはフォロワーから「鉄の下に優しさを見ました」「鉄の女だけど優しさもちょっとだけ感じましたよ」「今回も剛柔かつ緩急のついた演技、素晴らしかったです」といったリプライが届いた。

 また、堺と西田が2009年公開の映画「南極料理人」で夫婦役で共演していることから、「ごめんなさい。何度見てもお二人のシーン、南極料理人のご夫婦設定が重なってしまう」とつぶやくファンもいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ