石橋貴明、20年ぶりNHK出演 ファン歓喜、NHKは好感度急上昇? 「カメラ倒せ」とのあおりも

 お笑いコンビ、とんねるずの石橋貴明(58)が20年ぶりにNHKのテレビ番組に生出演することが24日、分かった。30日放送のNHK「サンデースポーツ2020」(日曜後9・50)で、ツイッターの番組公式アカウントで発表され、ファンが歓喜に沸いている。

 同アカウントは、「石橋さんと大越キャスターは今年59歳の『同学年』。かたや帝京高校の秘密兵器、かたや新潟高校のキャッチャーとして甲子園を目指したふたり。熱い野球愛をぶつけ合います!」と告知。「NHKのテレビ生出演は20年ぶりとなる石橋さんの暴走(?)に乞うご期待です!」などと、あおり気味にアピールしている。

 同日、石橋の公式YouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」にアップされた動画「貴ちゃんスポーツニュース2020」の中で、石橋自身も発表。「NHKもセンスいいよね。『貴ちゃんスポーツニュース2020』を見て、本家本元の『サンデースポーツ2020』のオファーが来るっていうんだから。やるね!うれしいね」と満面の笑みで喜びを表すと、「どうするかな…けっこう時間かかんだよ、白く塗ったりカツラかぶったりすんの…」とNHKの「紅白歌合戦」に1991年の「とんねるず」、1999年の「野猿」としての出演時に、赤と白のボディーペインティングにパンツ1枚で登場し物議をかもした件に絡めてボケてみせた。生出演は野猿メンバーとして出場した2000年の紅白以来となる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ