ラサール石井のツイートを「総理になってから言ってもらいたい」と批判した金子恵美氏の発言に賛否 「頷ける」「それを言っちゃあおしめえよ」

 金子氏は番組で、この石垣氏の発言についても触れ、「議員というのは弱者に寄り添うべき存在ですよね。難病と闘っている方々の思いとか誇りとか踏みにじる許されない発言。私は議員としては論外だと思う」と痛烈に批判している。

 ツイッターには「石垣のりこ氏への内容はともかく、ラサール石井のツイートへの批判内容には全く賛同できません。金子恵美氏にはがっかりしました」といった反応が寄せられており、石垣氏に対する批判には一定の理解を示しつつ、金子氏が「選挙に出て、総理になってから言ってもらいたい」と発言したことには、「気持ちはわかるけど『総理になってから言え』ってのは、ちょっと、、、」と抵抗感を覚える人が少なくなかったことがうかがえる。

 金子氏の発言について、ツイッターには「難病を抱える人の立場、難病により退かなければならない人の立場。そう言った事を含んでの発言だったと解釈しています」と擁護する見方もあるが、「ラサール石井と金子恵美(氏)の言い争い、例の『争いは、同じレベルの者同士でしか発生しない!!』のネタが浮かぶんだよな」と突き放す声も散見された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ