「涼宮ハルヒ」9年半ぶりの新作発売へ 「エンドレスエイトの日に告知」とコアな指摘や、前作発売の顛末皮肉る声も

 出版大手のKADOKAWAが31日、ライトノベルの人気作品「涼宮ハルヒ」シリーズの新作となる小説『涼宮ハルヒの直観』を11月25日に発売すると発表。前作「涼宮ハルヒの驚愕」から実に9年半ぶりとなる新作に、ファンからさまざまな反響が寄せられている。

 谷川流さんによる小説「涼宮ハルヒ」シリーズは、累計2000万部を超える人気作品。宇宙人、未来人、異世界人、超能力者などに興味を持つ女子高校生の涼宮ハルヒが創設した学校未公認のクラブ「SOS団」を舞台にした学園ものの体裁をとりながら、同クラブの周辺で起こる超常現象などを描いた荒唐無稽な物語だ。2003年発表の第1巻「涼宮ハルヒの憂鬱」に始まり、11年の「涼宮ハルヒの驚愕」まで、中短編集を含む10巻を発表、TVアニメ、劇場アニメなどメディアミックスも展開された00年代を代表するライトノベル作品とも言われる。今回発表された11巻目は250ページを超える完全書き下ろし「鶴屋さんの挑戦」と、画集、雑誌に既出の短編2本を収めたもので、角川スニーカー文庫から税抜き700円で発売。全国書店・ネット書店での予約受付は、9月1日午前0時より順次開始する。

 人気シリーズ久々の新作発表に、ファンの反応はさまざま。「あああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああ ありがとうございます」「青春キターーーーーーーー!!!!!!!」「待ってました、谷川先生ありがとうございます。早く読みたいです」「止まった時が動きだす!」「新刊!?!?!?!? マジですか!!!!!」など、興奮気味に歓迎する声が多いが、前作発表から長く経過していることもあり、「待望…まさしく待望の新刊…」「長生きはするものだて」「もう一生読めないもんかと…」とのコメントや、「(第1作の)憂鬱から読み直して待ってます!」「今から読み返さないと! 内容うろ覚えだ!」など、前作までの設定やストーリーを忘れてしまった人も見受けられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ