「仮面ライダーセイバー」主題歌で川上洋平とスカパラがコラボ! 豪華な組み合わせにネット騒然「スタイリッシュにも程がある」「すげえ時代やな」

 人気ロックバンド[Alexandros]のボーカル&ギターを務める川上洋平が、人気スカバンド、東京スカパラダイスオーケストラが手掛ける特撮ドラマ「仮面ライダーセイバー」(テレビ朝日系、6日スタート)の主題歌ゲストボーカルを務めることが2日、番組の公式HPなどで発表された。この一報を受け、ツイッターでは同日、「Alexandros」「スカパラ」「洋平さん」などの関連ワードがトレンド入りし、朝からネットが大盛り上がりとなった。

 仮面ライダーシリーズの令和第2弾として放送される「仮面ライダーセイバー」。7月29日に制作発表会が行われ、その場でスカパラが主題歌とエンディング曲を担当することを報告したが、主題歌のゲストボーカルについては、「後日発表」とされていた。さらに、バリトンサックスの谷中敦がヒントとして「日本を代表するようなスタイリッシュな方」と説明していたことから、ネットでは予想合戦が白熱。SNSにはさまざまなアーティスト名があがり、想像を膨らませる視聴者が続出するなど、盛り上がりを見せていた。

 主題歌のタイトルは「ALMIGHTY~仮面の約束 feat.川上洋平」。作詞は谷中、作曲はスカパラのベーシスト、川上つよしがそれぞれ務める。[Alexandros]は2015年に発表した「ワタリドリ」が大ヒットし、YouTubeで公開されたそのミュージック・ビデオ(MV)の再生回数が1億回を超える人気の実力派バンドだ。川上の透き通ったハイトーンボイスと、スカパラならではのダイナミックなサウンドの融合がこの曲の醍醐味で、ドラマの世界観にピッタリな疾走感にあふれるナンバーに仕上がっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ