「半沢直樹」金融庁・黒崎のアシストにネット胸熱  「泣いた」「惚れ直した」「漢でしたね」「絶対リベンジ来て」

 俳優の堺雅人が主演を務める連続ドラマ「日曜劇場 半沢直樹」(TBS系)の第8話が13日、放送され、歌舞伎俳優の片岡愛之助演じる黒崎駿一のセリフにネットが沸いた。

 直木賞作家・池井戸潤氏の人気小説を原作に2013年に前作がドラマ化された話題作で、今作では、出向先から東京中央銀行営業第二部次長に復帰した半沢(堺)が、さまざまな敵と戦いながら、破綻寸前の航空会社「帝国航空」の再建に奔走する様子が描かれる。

 黒崎は金融庁検査局主任検査官というエリート官僚で、「銀行はしょせん金貸し」という考えを持ち、何かと銀行を目の敵にしている。前作では、半沢と数度にわたり深く対立。その恨みを未だに抱えている。プライドが高く、気に入らない相手を徹底的に追い詰める嫌味な人物で、独特の“オネエ”口調と、激高すると相手の“急所”をつかむという癖で存在感を示してきた。

 第8話では、帝国航空の再建を進めるなか、半沢が政府の作った再生検討チーム「タスクフォース」に反抗したことを受け、“政界のドン”こと、進政党幹事長の箕部啓治(柄本明)が本格的に“始動”。東京中央銀行頭取の中野渡謙(北大路欣也)が参考人として招致されるという噂が流れる。常務の紀本平八(段田安則)が政府と裏でつながっていることをつかみ、すべてのカギを握っているのが箕部だと確信した半沢は、あらゆる手段で手がかりを探そうとする。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ