「半沢直樹」、香川照之が「おねしゃす!」収録秘話をツイッターで出題 SNS大反響「正解出来て嬉しいdeath!」

 俳優の香川照之が13日、ツイッターを更新し、自身が出演している人気ドラマ「日曜劇場 半沢直樹」(TBS系)の第8話(13日放送)のワンシーンを題材にした問題を投稿。多くのリプライが寄せられ、ネットをにぎわせた。

 直木賞作家・池井戸潤氏の人気小説を原作に2013年に前作がドラマ化された話題作。俳優の堺雅人が型破りな銀行マン、半沢直樹を演じ、今作では、出向先から東京中央銀行営業第二部次長に復帰した半沢が、さまざまな敵と戦いながら、破綻寸前の航空会社「帝国航空」の再建に奔走する様子が描かれる。

 香川が演じるのは、東京中央銀行取締役の大和田暁。前作では常務だったが、その最終回で半沢によって不正が暴かれ、バンカーとしての生命を絶たれそうになるが、頭取の中野渡謙(北大路欣也)派へと華麗に鞍替えし、行内融和を掲げる中野渡を盛り立てる形で銀行に居残った。自分を追いやった半沢のことが憎いが、今作ではお互いの利害が一致することも多く、“共闘”することもしばしば。その様子が毎回ネットで大きな話題になっている。

 第8話では、半沢と再び手を組む必要が出てきた大和田が、半沢に共闘を持ちかけると、半沢は、大和田から過去に言われた要求を持ち出し、「おねがいします」の7文字を言うよう求めた。大和田が苦々しい思いで「お、お、おねしゃす!」と言葉をしぼり出すと、これを半沢が「おねしゃす?2文字足りない」と却下。すると大和田が口を震わせながら「お願いします!!これでいいだろう!」とブチ切れ。2人がそっと握手を交わすシーンがネットを沸かせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ