「カネ恋」初回、三浦春馬さんの笑顔にネット涙…「眩しかった」「まだ信じられない」「アインシュタイン稲田さんも出てたのか」

 7月18日に亡くなった俳優の三浦春馬さん(享年30)が出演する連続ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」(TBS系)の第1話が15日、放送され、ネットには、三浦さんの笑顔に「眩しかった」「大好き」「まだ信じられない」など、さまざまなコメントが相次いだ。

 同作は、「清貧」を良しとする主人公、九鬼玲子(松岡茉優)と、欲しいものを買うことに迷いのない浪費男、猿渡慶太(三浦さん)が出会い、ひょんなことから慶太が玲子の実家に住み込むところから物語が始まる。昨夏に放送され話題を呼んだ連ドラ「凪のお暇」(同局)を手掛けた大島里美氏が脚本を務めたオリジナルラブコメディーだ。

 慶太は金銭感覚が崩壊した浪費男子。幼いころから欲しいものは何でも母親から買ってもらえるという恵まれた環境にあったため、予算、収支という概念がない。しかし、本人に悪意はなく、分け隔てなく愛を注ぐので、人懐っこく、甘え上手で、人には愛される。恋愛もモノと同じで、次々と新しい女の子に恋心を抱く。そのため数々の修羅場に巻き込まれるが、本人は至って能天気だ。そんな慶太が「お金の使い方」にこだわる玲子と出会い、壊れた金銭感覚を繕われているうちに人間として成長していく。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ