朝ドラ「エール」梅の恋愛は「五郎で確定」か? 博多大吉の断言にネット「決まりだな」「藤丸さんお気の毒に」

 NHK連続テレビ小説「エール」(NHK総合など)の第68話が16日、放送され、関内梅(森七菜)と田ノ上五郎(岡部大)の“距離”にネットが盛り上がった。

 前回東京五輪の「オリンピック・マーチ」など、数々の名曲を残した作曲家、古関裕而さんと、妻で歌手として活躍した金子さんをモデルに、音楽とともに昭和を駆け抜けた夫婦の絆を描く同作。主人公の古山裕一役を俳優の窪田正孝が務め、その妻、音を女優の二階堂ふみが演じる。

 梅は音の妹で、文学の新人賞を受賞したことをキッカケに愛知県から上京。古山家に住みながら執筆活動を続けている。五郎は茨城県出身の青年で、作曲家を目指して古山家に押しかけ、裕一の弟子として居候生活を送っている。梅には、裕一の小学校時代の幼なじみで、コロンブスレコードの研究生として歌手デビューを目指す佐藤久志(山崎育三郎)が恋心を抱いており、“モテ男”の久志はすでに梅をデートに誘っていた。しかし、第68話では、梅と五郎の距離が急接近。“まさか”の展開にネットが沸いた。

 五郎は自分の才能のなさに悩んでいた。何回曲を書いても、誰かの曲に似たような内容になってしまうのだった。梅もまた一向に筆が進まず、2作目の執筆が滞っていた。ある晩、書斎で作曲と向き合う五郎に梅がお茶を持ってきた。そこで五郎は曲が書けないと悩みを打ち明ける。梅も小学校時代の同級生で作家として大成功した幸文子(森田想)を追い越したいと思い頑張ってきたが、自分には文学以外に取り得がなく、人づきあいも苦手で、つまらない人間だということに気づいたと話す。梅の話を聞いた五郎は「本当にそう思っているんですか?一生、文学だけでいいって」と真剣な顔で問いかけた。梅は言葉を返すことができなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ