“ルパパト”伊藤あさひ、朝ドラ「エール」で丸刈り姿初披露もファンには好評「めっちゃ似合う」「坊主になってもイケメン」

 スーパー戦隊シリーズ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(テレビ朝日系、2018~19年)で主演を務めた若手俳優、伊藤あさひ(20)が、NHK連続テレビ小説「エール」で高校球児役を演じることとなり、16日、そのビジュアルが公開された。伊藤はこの役で人生初の丸刈りに挑戦。これまで金髪などに変えたことはあったが、大胆なイメージチェンジにネットも大盛り上がりとなった。

 前回東京五輪の「オリンピック・マーチ」など、数々の名曲を残した作曲家、古関裕而さんと、妻で歌手として活躍した金子さんをモデルに、音楽とともに昭和を駆け抜けた夫婦の絆を描く同作。主人公の古山裕一役を俳優の窪田正孝が務め、その妻、音を女優の二階堂ふみが演じる。伊藤は裕一と音の娘、華(古川琴音)が思いを寄せ、戦後再開された「甲子園大会」を目指す竹中渉を演じる。

 “ルパパト”ではそのイケメンぶりが話題となった伊藤。今作での気合の入った丸刈りは多くのネットユーザーから注目を集め、同日、「伊藤あさひ」というワードがヤフーのトレンドランキングで上位に食い込んだ。ツイッターには、「丸刈りめっちゃ似合うじゃん」「イケメンは坊主になってもイケメン」「丸刈りもかっこいい!放送楽しみ!!」「顔が綺麗だよなあ。丸刈りだとそれがすごいわかる」などの書き込みが殺到した。

 イケメンにヘアスタイルは無関係という意見も多く、「どの髪型でも完璧やな、似合いすぎる」「イケメンはどんな髪型してもイケメンだなー」「伊藤あさひ丸刈りでもかっこいいって何事」といったツイートもズラリ。公開された学ランやユニホーム姿も好評で、「ちゃんと戦後の高校生に見えるよあさひくん!ユニフォーム姿も爽やか」「さらに若く見える」「学ラン姿もかわいい~」などの投稿がファンから寄せられた。

 朝ドラ出演は今回が初めての伊藤は、「また新たな伊藤あさひを見ていただける機会ができてうれしく思います」と述べ、人生初の髪型に「皆さまからの反応も楽しみです。ぜひ、注目してみていただけたらうれしいです」とアピールした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ