朝ドラ「エール」次期番組「おちょやん」、ヒロイン杉咲花のビジュアル初公開も…ネットは不安?「短くならないといいな」「終了は3月?」

 NHK連続小説「エール」の次期番組として、11月30日に放送が始まる「おちょやん」で、ヒロインを務める女優・杉咲花(22)の劇中ビジュアルが17日、初公開され、ネットにさまざまな反響が寄せられた。

 「おちょやん」は、松竹新喜劇などで活躍した女優の半生をモデルにした物語。大阪・南河内の貧しい家に生まれた竹井千代(杉咲)が奉公先の道頓堀で芝居に魅了され女優を目指し、「大阪のお母さん」と呼ばれるまでになる生涯を描く。京都の撮影所の屋外スペースには約100年前の道頓堀が再現され、そのなかで元気な笑顔を見せる千代のビジュアルがお披露目された。

 新型コロナウイルスの影響で収録が一時休止となり、現在放送中の「エール」の放送が約2月半中断されたことを受け、「おちょやん」のスタートも11月30日に大きくずれ込んだ。ネットには杉咲の演技を心待ちにする声が見られ、「千代花ちゃんに会える日が待ち遠しい~」「花ちゃんは和装、日本髪ほんとに似合いますね あと2ヶ月待ち遠しい」「おちょやんの花ちゃん!!!可愛すぎる~この花ちゃんが毎日みれるようになるって考えるとすごく嬉しいし幸せ」などのツイートが届いた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ