朝ドラ「エール」、梅と五郎の恋の結末にSNS歓喜! 博多大吉「めでたしめでたし」 ネット「スピンオフが見たい!」

 NHK連続テレビ小説「エール」(NHK総合など)の第70話が18日、放送され、関内梅(森七菜)と田ノ上五郎(岡部大)の恋の結末が描かれ、ネットが朝から大盛り上がりとなった。

 前回東京五輪の「オリンピック・マーチ」など、数々の名曲を残した作曲家、古関裕而さんと、妻で歌手として活躍した金子さんをモデルに、音楽とともに昭和を駆け抜けた夫婦の絆を描く同作。主人公の古山裕一役を俳優の窪田正孝が務め、その妻、音を女優の二階堂ふみが演じる。

 梅は音の妹で、文学賞の新人賞を受賞したことをキッカケに上京。古山家に住み、執筆活動を続けていた。五郎は茨城県出身の青年で、小さいころ親に売られ、奉公先で裕一の楽曲を聞いたことで作曲家を目指し上京。裕一に弟子入りを志願し、古山家で居候生活を送っていた。

 そんな2人が同じ屋根の下で暮らすようになったが、性格が正反対で、当初、2人はうまくいかなかった。特に梅が五郎のことを毛嫌いしていたが、優しく実直な五郎に惹かれ、少しずつ、彼のことが気になり始めていた。

 五郎は作曲がうまくできず、ある日、神社の石段に座り、今後について考えていた。そこに梅が通りかかると、五郎は「自分には作曲家としての才能がない、自分はダメな人間だ」などと話した。梅は「大丈夫。五郎さんはダメな人なんかじゃない」と反論し、「ダメなだけな人、好きにならんもん。私、五郎さんのことが好き」と思わず告白してしまう。

 しかしその後、五郎は突然、裕一に「弟子を辞める」と申し出て、古山家を去ってしまった。玄関先で五郎を見送り、涙を流す梅。2人の恋は悲しい形で終わってしまったかに思えた。

 ここまでが第69話(17日)の話。そして第70話で2人の恋は急展開を迎える。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ