「半沢直樹」最終回で関連ワードがSNS席巻! 大和田「グッバーイDEATH!!」にネット「頭から離れない」「何回見ても笑う」

 俳優の堺雅人が主演を務める連続ドラマ「日曜劇場 半沢直樹」(TBS系)の最終回が27日、放送され、俳優の香川照之演じる大和田暁のセリフ「グッバーイDEATH」が大きな話題を呼び、放送中からツイッターでトレンド入りした。

 直木賞作家・池井戸潤氏の人気小説を原作に2013年に前作がドラマ化された話題作。今作では、出向先から東京中央銀行営業第二部次長に復帰した半沢(堺)が、さまざまな敵と戦いながら、破綻寸前の航空会社「帝国航空」の再建に奔走する様子が描かれてきた。

 最終回では、半沢が“政界のドン”、進政党幹事長の箕部啓治(柄本明)と直接対決。全国民に向けた生放送の会見で箕部の不正を暴き、箕部を逮捕に追い込んだ。

 大和田がこのセリフを口にしたのは、それに至る前のこと。第9話(20日放送)のラストで、箕部の不正を知りながらも、それを闇に葬ろうとした東京中央銀行頭取の中野渡謙(北大路欣也)と同取締役の大和田に対し、半沢が怒りをあらわにし、「1000倍返しだ!」と啖呵を切った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ