長瀬智也とクドカンの黄金タッグ再び! ネット胸アツ「間違いない」「最後のドラマになるかもしれんもんな?」

 来年3月末でTOKIOを脱退し、ジャニーズ事務所を退所する長瀬智也(41)が同1月スタートのTBS系「俺の家の話」(金曜後10・0)に主演することが2日、サンケイスポーツなどによって報じられた。脚本を手掛けるのは宮藤官九郎(50)。これまで数々の名作を生み出してきた黄金タッグとあって、ツイッターでは「長瀬くん」「クドカン」などのワードがトレンドに入り、期待する声が集まった。

 「俺の家の話」は、介護と遺産相続をテーマにしたオリジナルのホームドラマ。長瀬は父親の介護を手伝うことになるプロレスラーの主人公・観山寿一を演じる。

 2人がタッグを組んだ作品と言えば、「池袋ウエストゲートパーク」(2000年)、「タイガー&ドラゴン」(05年)、「うぬぼれ刑事」(10年)があり、同局で放送された。さらに今作でも、これらの作品を共に作り上げてきた磯山晶プロデューサーが名を連ねる。

 名作を世に送り出してきた布陣とあって、ツイッターには「このタッグに外れはない!ありがとうTBS」「長瀬智也×クドカンのドラマは間違いない…そこに磯山晶Pとかもう最高じゃん」「IWGP(池袋ウエストゲートパーク)もタイガー&ドラゴンもうぬぼれ刑事もめっちゃ大好きだった!!楽しみ」「長瀬×クドカンは最強やからなぁ IWGPはもちろん、タイガー&ドラゴン、うぬぼれ刑事どれも面白い」「長瀬くん×クドカン×磯山Pなんて最高だな…って朝から幸せ噛みしめてる]などの書き込みがズラリ。多くのファンが期待を寄せている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ