朝ドラ「エール」 音に続き梅も…娘の“接吻”を目撃しがちな母・光子にネットツッコミ?「相変わらずのタイミング」「遭遇しすぎでしょw」

 その言葉に大きなヒントを得たという梅。そして「つまりね、五郎ちゃん。あなたがいるから、(小説を)書くことができるの」と語り掛け、五郎に「(梅ちゃんではなく)梅って呼びい」とほほ笑んだ。その言葉に五郎も緊張気味に「梅…」と答え、そのまま、2人の顔が急接近したところに、風呂上がりの光子が出くわしてしまった。娘がキスをしているところを目撃してしまい、大慌ての母。2人に気づかれないようにそっと口を押え、その場を静かに後にした。

 ちなみに、光子が自宅で娘のキスシーンを目撃したのはこれで2回目。“初体験”は第23話での音と裕一のキスで、そのときは驚きのあまり、お盆に乗せていたお茶をひっくり返しそうになるほど、動揺を抑えきれなかった。

 第82話での光子の“遭遇”はそれ以来となるもの。同日、多くの視聴者がそんな母にツッコミを入れ、SNSには「五郎ちゃんと梅の時 裕一と音の時 必ずキスシーンに遭遇する人」「光子さんは相変わらずのタイミング」「光子は娘のキスシーンに遭遇しすぎでしょ」「光子さん再び接吻現場に出くわすw」「二度も娘のキスを目撃してしまう光子さん」「関内家でのファーストキスは光子さんに目撃されがち」「光子さんはどうしても娘の接吻を目撃してしまうらしい」などのコメントが殺到した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ