「ずっと大好きだよ」三浦春馬さん遺作ドラマで追悼テロップ 視聴者は涙「泣いた」「制作陣に拍手」

 7月18日に亡くなった俳優の三浦春馬さん(享年30)が出演し、女優の松岡茉優(25)が主演を務めるTBS系連続ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」の最終回が6日、放送された。三浦さんは同作の撮影期間中に亡くなったが、代役を立てずに台本を書き直し、収録途中だった4話で完結。エンディングではテロップで「春馬くん ずっと大好きだよ キャスト・スタッフ一同」と三浦さんを追悼し、視聴者の涙を誘った。

 同作は、お金に対する価値観が正反対の男女が繰り広げる“じれキュン”ラブコメディー。松岡が中堅おもちゃメーカーの経理部で働く主人公・九鬼玲子(くき・れいこ)を、三浦さんがおもちゃメーカーの御曹司でお金にルーズな浪費男子・猿渡慶太(さるわたり・けいた)を演じた。脚本はNHK大河ドラマ「花燃ゆ」やTBS系連続ドラマ「凪のお暇」などの代表作を持つ大島里美氏が書き下ろした。

 最終話は、慶太からの突然のキスに動揺して、眠れない夜を過ごしていた玲子がある日、家で自身が“清貧”になった過去に関わるあるものを発見し、過去にけじめをつけるため旅に出るといったストーリー。旅の終わりで、玲子は慶太へのある気持ちに気付く。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ