SKE48須田亜香里の多忙ぶりがまるで“桃鉄”!? ネットの声「確かにw」「わかる!」「時間あるならメンバーとやるべき」

 名古屋市を拠点に活動を展開するアイドルグループ、SKE48の須田亜香里が9日、ツイッターを更新。自身の生活が「リアル桃鉄みたい」と書き込み、ファンが盛り上がっている。

 須田はこの日、ツイッターでその多忙ぶりについて「朝東京、昼名古屋、夕方東京、そして名古屋~みたいな流れを今日の撮影スタッフさんと話していたら リアル桃鉄みたいだね!って一同盛り上がってくださったけど、よくわからなかった!そうなの?」と説明した。

 須田がいう「桃鉄」とは、「桃太郎電鉄」の略で、日本全国の鉄道駅をめぐりながら沿線の物件を買い、資産を増やしていくすごろくスタイルのゲームのこと。目的地(ゴール)を目指し、サイコロを振りながら各地を旅するのだが、ゲーム内にはさまざまなギミックも登場。大人数で楽しむことができる定番ゲームとして親しまれている。人気番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)でも「桃太郎電鉄芸人」という企画が放送されるなど、その人気は根強い。

 1作目のファミリーコンピュータ版が発売されたのは1988年。その後、シリーズが重ねられ、今年11月には家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」向けの最新作「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~」がリリースされる予定だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ